機構長あいさつ

機構長写真研究推進・社会連携機構長  早川 正幸

「研究推進・社会連携機構」は、研究の推進支援と研究成果である知的財産の戦略的活用を通じて、広く社会と連携して、社会に貢献することを目的としています。平成20年4月にその前身である「産学官連携・研究推進機構」が設立され、その後の組織改編を経て、平成28年4月から現在の体制となりました。

 「研究推進・社会連携機構」は、研究推進課、社会連携課、社会連携・知財管理センター、融合研究臨床応用推進センター、URA室および水素・燃料電池技術支援室から構成される組織となっています。

 研究推進課は、国の補助金等の外部資金の管理などの機構の業務全般を総括し、更に課内に燃料電池研究拠点支援室を置き、水素・燃料電池技術支援室業務の支援を行っています。

 社会連携課は、共同研究・受託研究等の管理などの社会連携・知財管理センター及び融合研究臨床応用推進センターの業務全般を総括します。

 社会連携・知財管理センターは、共同研究等を推進する地域連携部門と知的財産の管理・活用を行う知財戦略部門を擁し、それぞれ共同研究等の産学官の連携に関する取組みおよび発明や知的財産等の管理・活用に関する取組みを行っています。

 融合研究臨床応用推進センターは、融合研究臨床応用分野において、産学官連携の推進による社会連携、地域貢献、研究推進に係る業務を行うことを目的とし、特に臨床応用に繋がる融合研究の支援を重点的に行っています。

  URA室は、研究者の研究活動以外の業務負担を軽減し、研究支援体制の充実を図り、外部研究資金等を獲得していきます。

 水素・燃料電池技術支援室は、主に「やまなし水素・燃料電池ネットワーク協議会」に関する業務を担い、山梨県内企業の燃料電池関連機器等に関する新事業の創出を促すための支援を行っています。

 「研究推進・社会連携機構」は、研究の推進支援と研究成果である知的財産の戦略的活用を通じて、広く社会と連携して、社会貢献を強力に推進していきます。